北勢地区

 三重県の北に位置する北勢地区は、水沢地区(四日市市)、椿地区(鈴鹿市)亀山地区(亀山市)を擁し、三重県の荒茶生産量の大部分を担っています。水沢地区、鈴鹿地区では冠(かぶせ)茶が多く生産されており、三重県が日本一の生産量を誇っています。亀山地区では、煎茶を中心に深蒸し煎茶、冠茶も生産されています。これまでに品評会などで高い評価を得、全国各地の消費地で愛されてきました。

伊勢の産地

南勢地区

 三重県の中央から南に位置する南勢地区は、飯南・飯高地区(松阪市)、大台・度会地区を擁し、煎茶や深蒸し煎茶の生産がされています。近年、関西茶品評会 深蒸し煎茶の部で農林水産大臣賞や産地賞を受賞するなど、県内外でも注目を集めています。北勢と比べて生産量は少ないが、小産地ならではの規模や機械の小ささで個性的なお茶が多く生産されています。

1/4

1/2